秘書職への就職を成功させよう|採用されやすい人材の特徴を紹介

記事一覧

保育所へ就職するコツ

保育士

遊ぶ能力だって大切

子供の面倒をみる仕事と言えば保育士です。これから保育士を目指すという人は、求人選びから採用までのコツを押さえておきましょう。保育士の求人の数は膨大です。理想の条件で就職するには、膨大な情報を見分ける力が必須です。就労形態や給与など、着目すべきポイントが多くあります。求人選びで重視するポイントの一つが、職場への行きやすさです。保育士の活動は朝早くから始まります。距離が何時間も電車に揺られながら行くくらいあるのでは、どんなに採用条件がよくても体の負担が大きくなります。体調に無理が出ないことを踏まえ、遠くても「車で数十分くらい」のところがベストです。お金重視というと何かヨコシマな感じもしますが、給与も重要条件の一つです。仕事をする以上収入に納得できなければ、やる気が湧いてこないでしょう。実は、保育所の給与システムは結構複雑です。毎月払われる給料の他にも、ボーナスや昇給などの仕組みが取り入れられています。採用後に管理職まで昇進すれば、専用の手当てを受けることもできます。力量次第では収入が大きく増えるため、給与の数値だけで判断するのは難しいでしょう。これらの仕組みのほか、職場の雰囲気や仕事内容などから総合的に判断し、割に合うと感じたところを選びましょう。職場が決まったら面接ですが、採用率を上げるコツが存在します。保育士には子供と積極的に関わる力というのも求められます。ピアノや絵本の朗読など、子供と遊べるような特技をアピールすれば、そこに注目してもらえます。保育士の仕事は子供の世話ですが、その中には子供と遊ぶことも含まれます。子供と遊ぶスキルがある人は、保育所にとって価値が高いわけです。