秘書職への就職を成功させよう|採用されやすい人材の特徴を紹介

記事一覧

子どもとの触れ合い

男女

増える短時間の求人

かつては女性の独壇場だった保育の現場ですが、近年は男性の進出が増えています。子どもと達にとっても、男性と女性の両方の保育士がいることが好影響になっています。一方で、少し前までの保育士は劣悪な労働条件が指摘されていました。しかし、政府のテコ入れの成果もあって労働条件は改善に向かっています。女性の社会進出が増えていることで、保育園と保育士の大幅な不足が懸念されています。潜在有資格者は多くいるので、そんな方々を有効に活用して、採用者の増加に結び付けることが重要です。一方で保育士の資格を持っていると、就職や転職の幅が広がることになります。フルタイムの求人は多いですが、同じように増えているのが短時間勤務のパートタイムです。24時間開園の保育園が増えていますし、早朝や夜間の数時間働くことも可能です。政府は副業の解禁に向けて法改正を行っていますが、他の仕事とも掛け持ちすることが出来ます。時間給も割高になりますし、定年を迎えた方の再雇用のチャンスも広がるはずです。採用されるコツとしては、やはり子どもとの触れ合いが好きであることです。面接の際には、それらをアピールすると採用される確率がアップするはずです。公立、民間に関わらず保育士の役割は子どもの成長過程に大きな影響を与えます。採用する立場になれば、仕事に対するモチベーションが高い応募者を選びたいはずです。真っ直ぐに意欲を伝えることで、採用に近付けるのではないでしょうか。